日本老年看護学会 第24回学術集会が無事終了致しました

2019年6月6日(木)~8日(土)に、当領域の大塚眞理子教授が学術集会長となり、日本老年看護学会 第24回学術集会が行われました。
1964人の方にご参加頂き、大盛況で終える事ができました。
当領域の教員も参加し、新しい知見を得るとともに、研究成果を発表して参りました。
7日(金)には、懇親会が行われ、全国各地からご参加頂きました方々と交流を持つことができました。また、懇親会の会場では、当領域の助教が中心となり、宮城の特産品をご紹介させて頂きました。皆様に喜んで頂き、大変好評でございました。
超高齢社会といわれ、どの看護分野でも老年看護は不可欠になっております。様々な看護分野の方々とともに、老年看護を発展させていきたいと思います。看護の質向上に努めていきましょう。